薄毛の原因 睡眠不足

睡眠不足が良くない理由

薄毛は睡眠不足からも起こると言われていて、これは体内の血液循環を悪くすることが大きな原因となっているからです。 睡眠不足は薄毛だけでなく健康面で様々な悪影響を及ぼしますから、薄毛を防ぐための睡眠というよりは元気な体を保つために休むことを心掛けてください。 血液循環が悪くなることによって頭皮への栄養が正常に行き届かなくなり、毛髪の成長を妨げるようになります。 そうすると本来生えてくるはずの毛髪も細いものが生えてきて、コシやハリもなくなり地肌が目立つようになります。 これが続くと最終的に毛髪が生えてこなくなり、いわゆる禿げ頭と呼ばれる状態になってしまいます。 もちろんその他の原因も考えられるのですが、睡眠不足によって薄毛の進行が早まるのは間違いありません。 ですからできるだけ生活リズムを一定にして休み時間を体に覚えさせ、それを継続するようにしてください。 生活リズムが安定すると血行もよくなりますし、健康な状態をキープできますから薄毛の進行も遅くすることができるでしょう。 また食事もバランスよく食べるようにして、適度な運動をしていくとより健康な状態をキープできると思います。 睡眠不足は百害あって一理なしですから、生活にメリハリをつけて頭皮にも体にも良い生活を送るようにしてください。 もし夜なかなか眠れない状態が続くようであれば、一度医師に相談して適切な治療を受け、体を良い状態へ導いてやりましょう。