薄毛の原因 喫煙

喫煙すると毛髪にも影響する?

 

喫煙は体に良くないと言われますが、これは毛髪にも大きな関係があります。

 

薄毛の原因となる血行不良は喫煙によって起こりやすく、喫煙している人とそうでない人を比較した場合圧倒的に喫煙者のほうが薄毛になる確率は高いのです。

 

 

例えばM字薄毛や頭頂部の薄毛の方はもともと男性ホルモンが多い部位であることが関係していますので、そこに血行不良がプラスされてしまえばより頭皮の状態が悪くなり、薄毛の進行を加速させます。

 

また喫煙による血管の収縮は頭皮に十分な栄養を与えづらくなるばかりか、体全体の血液循環を悪くしますので健康面にも悪影響を及ぼします。

 

心筋梗塞や脳卒中などの大病を引き起こす可能性も高まりますし、その他の成人病のリスクも非喫煙者に比べて高くなります。

 

 

このように喫煙は薄毛以外の面でも良くない影響が出てきますから、早めに禁煙に踏み切るようにしましょう。

 

 

M字薄毛や頭頂部の薄毛の治療をしている人の中には喫煙者の人もいると思いますが、これは薬の効果も半減させてしまう可能性があります。

 

病院で処方される薬は基本的に飲み薬になりますので、その成分がきちんと行き渡らなければ効果は出てきません。

 

 

その成分を運ぶ役割を果たしているのが血液ですから、その循環を悪くするということは薬の効果も下げてしまうことに繋がるのです。

 

もし本気で薄毛を治したいと思うのであれば、早めに禁煙して病院に通う際にはたばこと縁を切っている状態にしておきましょう。