薄毛の原因 遺伝

父や祖父がハゲだと自分も禿げる?

自分の父や祖父など身内が禿げていると自分もハゲになると思ってしまいます。 薄毛は遺伝するとよく言いますが、これはなぜなのでしょうか? これはまず薄毛の原因となるホルモンが大きく関係しており、薄毛になりやすい人というのは総じてDHTと呼ばれる脱毛を起こすホルモンの量が多いと言われています。 ですからもともとDHTの量が多い家系に生まれた場合、それを引き継ぐ可能性が高いですから、薄毛になる確率も高くなるのです。 M字ハゲや頭頂部の薄毛のような男性型脱毛症が遺伝による影響が大きいと言われるのはこのような理由からきています。 しかし必ずしもすべての人が当てはまるわけではなく、家系に薄毛の人が多くてもDHTの量が少ない人もいますしきちんとケアをすれば進行を遅らせることができます。 また家系に薄毛の人がいなくてもM字ハゲや頭頂部の薄毛になってしまう人もいて、これはそれまでの生活が大きく関係しているケースが多いです。 たとえば若いときにヘアカラーやパーマを頻繁にしている人は頭皮に刺激を与え続けているわけですから、通常よりも負担をかけていることになります。 その状態でケアに力を入れていなければ当然頭皮はダメージを受けますので、薄毛にもなりやすくなるのです。 ヘアカラーやパーマは頭皮の状態を見ながらやらなければなりませんし、ある程度感覚を空けてやったほうが頭皮にも良いでしょう。 このように薄毛は遺伝によるものが大きいのですが必ずしもそれだけではなく、後天的なものもあるということを覚えておいてください。